独立開業に最適の行政区|人気の独立開業はラーメン店!美味しいものを提供すればすぐ人気店に

人気の独立開業はラーメン店!美味しいものを提供すればすぐ人気店に

独立開業に最適の行政区

男性

開業に有利な特別行政区

少ない資本金で独立開業を目指す場合、日本国内での会社設立に限定すればさまざまな困難やハードルが予想されます。その点で近年の経済発展が著しいアジア各国は税制などの面でビジネスに有利なケースが多く、起業を目指す人たちの熱い視線を集めています。中でも1997年にイギリスから中国へ返還された特別行政区の香港は、経済的にも政治的に独立性が高くビジネスを行うのに最適の地です。かつては工業が盛んだった香港も現在では高度に発達した金融で知られるようになり、世界の英知が集中したような一大ビジネス街を形成しつつあります。それでいて税制面では日本国内よりも有利なため、会社を設立して新たにビジネスを始めるのに最も相応しい場所だと言うことができます。香港は日本から地理的にも近い上に、大量消費が期待できる中国本土との間で経済的に深く結びついています。日本と中国との橋渡しをする地としても重要な役割を果たしており、香港での会社設立には商業ビジネスなどさまざまな可能性が広がります。日本国内にこだわらないのであれば、会社設立が容易で開業後のビジネス展開にも有利な香港に現地法人や支店を構えるのも有力な選択肢です。

2種類の設立方法

香港での会社設立方法には、新規の法人を設立する方法とシェルフカンパニーを購入する方法との2種類があります。シェルフカンパニーとはすでに設立されてある会社を意味し、登録証書や社印など必要な書類等はあらかじめ用意されています。まだ商業登録証が申請されておらず会社としての事業はスタートしていない白紙の状態で購入できるため、会社設立に関わる時間を大幅に短縮できるメリットがあるのです。このようなシェルフカンパニーは司法書士事務所等が設立しており、香港では数多く用意されています。それだけ現地での会社設立需要が高いことを意味しており、早期にビジネスを開始したいという人の要望に応えているのです。新規設立の場合は現地法人の登記住所を準備して定款や登記資料等を作成する必要があります。ビジネスを開始するまでに通常だと数ヶ月ほどの時間も必要ですが、シェルフカンパニーなら短期間で済むのです。いずれのケースでも香港での独立開業をサポートしているコンサルタントを利用することで、会社設立もスムーズに運びます。開業後のビジネスサポートまで手がけるコンサルタントの支援が得られれば、香港ビジネスの成功確率も高まるのです。